健康ニュース 記事の表示


高脂肪摂取は乳癌の危険性の増加と関係
    記事番号:32
    記録日  :Aug05/2003,15:57
    記録者  :admin

多量の動物性脂肪特に赤肉や乳製品を多量に摂取している閉経前女性に関する予見的研究によれば、多くの女性が乳癌の危険性の増加と関わっている。

ハーバード・メディカル・スクールとボストンのBringham and Women’s HospitalのEuyoung Cho医学博士とその同僚は、Nurses’ Health Study Uに参画している26〜46歳の90,655人の閉経前女性についての乳製品摂取と乳癌リスクの関連性について調査した。
女性達に特定の食物の摂取頻度関する質問状に回答してもらい、これを8年間追跡調査した。

この追跡調査の期間中714人の女性が乳癌に侵された。
乳癌罹患リスクは、最高量の脂肪を摂取した女性は最低量の脂肪を摂取した女性よりやや高かった。
その増加率は、動物性脂肪(赤肉及び高脂肪乳製品)摂取量と関連しており、植物性脂肪とは関連していない。飽和脂肪及び単一不飽和脂肪の両方を摂取した場合の乳癌罹患率の増加はささやかであった。





このスレッドの表示
現在の記事よりも下流のものは内容も表示されます。
下流の記事は、そのタイトルをクリックすることでその記事に直接返信することもできます。

32.->高脂肪摂取は乳癌の危険性の増加と関係(現在の記事)<-:Aug05/2003,15:57 

Paddie's BBS Ver. 8.1.4.
(C) 1999-2001 Paddie.